サイドビジネスの種類 > ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナー

サイドビジネスとして活かせる資格の1つ、ファイナンシャル・プランナーを紹介しましょう。
ファイナンシャル・プランナー(FP)は、資産運用、家計、住宅ローン、生命保険などライフプランに合わせた金融に関する様々なアドバイスや資産設計を行う資格です。

具体的には、退職後のリタイアメントプランの作成など相談者の年齢や収入、家族構成、現在の資産状況などに合わせて、豊かな人生設計のための計画を立て、助言を行います。
そのためには、金融商品、保険、相続、税金、不動産などの金融に関する広い知識が必要です。
サイドビジネスを行うためだけでなく、自分自身の生活を見直すことにも役立てることができる資格です。

ファイナンシャル・プランナーになるためには資格試験合格が必要です。
ファイナンシャル・プランナーの資格試験には、金融財政事情研究会(金財)が行う1級・2級・3級FP技能検定試験と、日本ファイナンシャルプランナーズ協会(日本FP協会)が行うAFP、CFPの試験があります。
1級・2級・3級FP技能検定試験を合格すると、1級・2級・3級ファイナンシャルプラニング技能士の国家資格が取得できます。
AFPの資格取得で、2級ファイナンシャルプラニング技能士の資格も同時に取得できます。

資格取得だけでは、すぐには仕事には結びつかないかもしれませんが、FPの勉強会などに参加し、知識や人脈を広げ、仕事に結びつけるようこころがけることが大切です。