サイドビジネスの種類 > ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランス

仕事と生活の調和のことをワーク・ライフ・バランスと言います。

団塊の世代の大量退職、少子高齢化などにより、企業の働き手は減少傾向にあります。
さらに終身雇用制を取る企業が減少し、非正規雇用など雇用や就業方法が多様化しています。
働く女性が増える一方で、核家族の増加によって働く女性には育児や介護の負担も大きくのしかかっています。
人員削減の一方で、長時間労働による過労死も起きています。

このため、健康や家庭を大切にする、生活を壊さないような働き方が求められています。
それがワーク・ライフ・バランスなのです。
ワーク・ライフ・バランスに必要なのは、企業の従業員を大切にする意識はもちろんのこと、地域社会の支えあい、ボランティアなどの利用や参加も必要とされています。
育児や介護で休職した後、職場への復帰を容易にする施策が企業に求められています。
そして、女性だけでなく男性の育児や介護への参加も必要です。
男性の育児休暇取得は、まだまだ少なく、もっと男性も育児や介護に参加しやすい雰囲気を作り出さねばなりません。
長時間残業をしないで済むような仕事の効率化、意見の通りやすい風通しの良い職場作りや組織の見直し、将来を見据えた人材育成など、これからの経営者はワーク・ライフ・バランスを考えたマネジメントをしなければなりません。

ワーク・ライフ・バランスを考えた働き方の1つがサイドビジネスです。
サイドビジネスによって健康をそこねないような、家庭を大切にしながら充実した仕事をする、そのような働き方ができるサイドビジネスを目指しましょう。