サイドビジネスの種類 > ドロップシッピング

ドロップシッピング

インターネットで行うサイドビジネスとして、2006年ごろから日本に上陸し、現在行っている人が多いのがドロップシッピング(drop-shipping)です。

ドロップシッピングとは、個人のホームページやブログ、メールマガジンで商品を販売、決済や配送はドロップシッピングプロバイダ(DSP)が行うものです。

取り扱う商品や価格を自由に自分で決めることができます。

このため、販売者は商品を無在庫で販売することができるのです。

商品の販売価格から卸値を引いた金額が収入となるので、価格設定によって利益を大きくあげることができる仕組みとなっています。

DSPには、もしもドロップシッピング、電脳卸ドロップシッピング、などがあります。

ドロップシッピングの仕組みはアフィリエイトに似ていますが、アフィリエイトの場合、価格設定はできません。

報酬も商品が売れて、その中の何%、という仕組みなので、商品が売れたときの収入に差が出ます。

ドロップシッピングには、このようにメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

ドロップシッピングは、商品販売ですので、少なからず顧客対応が必要となります。

商品の返品や、在庫切れなどの場合に責任を持って対応できなければなりません。

また、DSPでなく販売サイトが顧客情報を管理する場合には、情報が漏れないよう厳重な管理が必要となります。
収入がアフィリサイトよりも大きくなる分、リスクも大きくなることを充分理解しておかねばなりません。
サイドビジネスとして、ドロップシッピングを行うには上記のようなことに注意してください。