サイドビジネスの種類 > ネットショップを始めるにあたって

ネットショップを始めるにあたって

サイドビジネスでネットショップを経営する人が増えています。

小売店、卸業者、主婦やサラリーマンなどがサイドビジネスとしてネットショップを行っています。

インターネット環境が整えば、簡単に開業できる反面、多数の人が参加するのでネットショップ経営を続けて収入を安定的に得るのは努力なくしては難しいです。

ネットショップを始めるにあたって、扱う商品によって許認可が必要なものがあるので、しっかり調べておかなければなりません。

自宅での手作り商品を販売される人もいらっしゃるでしょう。

手作り商品がケーキやジャムなど食品ならば、食品衛生責任者の免許や食品衛生法に基づく営業許可が必要となります。

アルコール度数1度以上の酒類販売を行うのなら、一般酒類小売業の免許および、酒類の通販の免許も必要となってきます。

販売目的として行う中古品販売の場合は、古物商許可証も必要です。

ほ乳類、鳥類、は虫類を販売する場合には保健所の届出が必要です。

さらに輸入品販売の場合には、さらに許可が必要なものが増えてきます。

ワシントン条約に基づき輸入できないものなど、細かい取り決めがあります。

また、最近は個人情報を盗まれる被害も後をたちません。

そのため、個人情報保護対策は必須です。

お客様の個人データが流出されれば、ネットショップの信用を一気に失うことになってしまいます。

個人情報を盗み見されないための対策として注文ページなどはSSL暗号化通信を必ず利用してください。

このように、ネットショップを始めるにあたっては、準備を整えることは必須条件なのです。