サイドビジネスの種類 > キーワード広告

キーワード広告

サイドビジネスで自分のネットショップなどのホームページを見てもらうためには様々な工夫が必要になります。
消費者は商品を探す時だけでなく、興味のあることを調べる時などにキーワード検索を行います。
検索して、表示されるのは検索結果だけでなく、スポンサーリンクとして表示される、検索キーワードに関連した広告も検索結果の上部や右部に表示されます。

このようにキーワード検索によって表示される広告はキーワード広告またはPPC広告と呼ばれます。
キーワード広告のうち、Googleでの検索結果ページに表示されるものはアドワーズ広告(AdWords)、Yahoo!JAPANやエキサイトなどの検索結果ページに表示されるものはオーバーチュア広告(overture)と言います。
PPCとは、Pay Per Clickの略で、広告がクリックされて料金が発生するという意味です。

例えば、Googleのアドワーズ広告は見出し1行と広告文章2行で構成されます。
この短い文章に魅力がないと、いくら掲載されてもクリックしてもらえないので、魅力のある文章を考えなければなりません。
アドワーズ広告では、広告が1,000回表示されてクリックが5回に満たないと掲載がストップされてしまいます。
アドワーズ広告のキーワードは、キーワードによって価格が違います。
どのようなキーワードを選ぶかもクリックしてもらうためには、選択が重要です。

多くの人に自身のサイトに来てもらい、サイドビジネスを成功できるよう、様々な情報やツールを駆使することが重要となっているのです。